本文へスキップ

ORCA ・オルカ・レセコン・好評・レセプト・オンライン・TOP・日医・レンタル・医師会

                医療IT実現化研究会所属
  

 info@medisysco.jp   
 



NEWS 2016.11.23


※2016.11 日医総研調査結果

NEWS!ORCAへのデータコンバートは、診療行為も移行できる!!
MSCは医療IT実現研究会を通じて現場のお困りごとを解決すべく取り組んで参りました。
その中のひとつがどのベンダーも実現していなかった「診療行為内容の移行」です。
これの実現により 
ORCAになっても即Do処方ができ、事務スタッフ様への切替時負担が
大幅に軽減
される環境になりました。
MSCでは、既存レセコンよりの移行に際してはこのツールを使用して
「標準移行」業務に
組み込みます。院外処方内容も移行対象にして過去情報を構築します。
(機種はお尋ねください)
自分のところだけではなくORCAの普及全般に役立つアイデアを提案するのも、MSCならでは
の行動です。

最近ORCAをご利用されているお客様が、MSCにサポート要請のご相談されるケースが目立ってきております。
これはお客様がお求めになるレセコンサポートがご意向に合っていないからです。
ORCAは同じでも、サポートは会社によって「質」「考え方」が違います。その差はぜひお確かめください。

MSCは今までお付き合いしたお客様のお声を反映し、ORCAと連携/連動するシステムを現場に近い形でご検討いただける場所を作りました。
既存の
「単品陳列+案内」とは訳が違います。 
情報の質が違います。比較相談ができます。導入後の事例までお伝えできます。
これらはどの展示場・会社でも行っていない、できないもので、各社のシステムをフラットな状態でご案内いたしますので、しっかり比較・確認いただけます。
ORCA連携/連動の常設展示場は、業界初!MSCのみができることなのです。
関東・関西で、電子カルテ比較ができるのはここだけになったようです。
弊社のお客様以外でもぜひご活用ください。条件は一切ございません。

MSCにようこそ

MSCは、日本医師会が企画・運営する「日医標準レセプトソフト」 ORCAのサポートをお届けする会社です。ORCAを軸とした医療ITシステムの構築を、「お客様の立場」でコーディネートいたします。
医事環境のことから院内LAN構築、ORCAのデータを活用したお客様の要望のシステムまで、
クリニックでのお仕事内で「困った」ことを解決することが我々の使命であります。
MSCは、お客様も体制も「ゼロ」からのスタートをしましたが、みなさまのご支援・ご支持により150件を数えるご契約をいただけるまでに成長しました。

スタッフ一同、心から感謝申し上げます。ありがとうございます。
ご用命をいただいたお客さまは、 
平成28年11月現在 168件 

この14年間、たくさんのお客様(約500件)にORCA導入のお相手をさせていただきました。
その実績を基礎にベストなご提案をしております。
他社ではできない提案がMSCにはあります。
さらには、多方面から寄せられる最新情報をいち早くお届けすることも、弊社の役目と認識をしております。
サポートを生業としてお客様のお役にたとうとする姿勢は、ベンダー中「No1」になることをスタッフ一同目標にしています。
ぜひ、これより各ページでご案内する内容をじっくりご覧になり、お客様のご評価をいただきたいと思います。
今までの常識を考え直すヒントをこの「MSCのホームページ」でご確認ください。
そして、お声をおかけいただけますことをお待ち申し上げております。


弊社およびORCAの普及を精力的に進めていただいております「やたがいクリニック」谷田貝茂雄先生
このたび日本臨床内科医会会誌2014/9月号にて、「テーラメイドの医療IT導入」(ORCAは医療ITの中心である)との投稿をいただきました。ぜひご覧くださいませ。



2016.10.09  日頃からORCAの普及に応援をいただいております
「やたがいクリニック」院長谷田貝茂雄先生が、
題目「レセコンの患者情報を活用したdata base構築」
で日本臨床内科医会会長賞を受賞されました。
このレセコンとは「ORCA」のことです。
いまやレセコンは連携の中心となり、医療ITを促進しています。
電子カルテはもちろんのことですが、患者情報を紹介状に反映する、
スキャナで患者ごとにファイリングする、CRにレセコンからの患者情報
を受け渡すなど、小さなIT化はすぐにでも採用できることが多くなりました。
また、最近ではクラウドタイプの電子カルテの良いものが出てきて、大きな
投資をせずにIT化に前進できるようになりました。
ぜひ、制約のないレセコンORCAをお選びいただき、医療(お仕事)を快適
にいたしましょう。MSCがそのお手伝いを致します。

NEW Users+System お客様への実績

2016年11月22日
167番めのお客様においてISDNより光電話への移行に先立ち、FAXへの電話回線ルートが変わるので、その屋内配線対応をしてきました。
NTTさんでは屋内配線を基本的には行ってもらえません。
じゃあ誰が行うの? ということになりますね。
こんなところもお手伝いをしております。
2016年11月17日
ORCA採用のご用命ありがとうございます 神奈川エリア 婦人科様
弊社のお客様より別クリニックの新規開業に際して、MSCにご指名をいただきました。
既存のお客様より追加のご用名、ご紹介をいただけることは非常に光栄な事であり、MSCの存在を認めていただいている証となります。
今まで通り全力でスタッフ一同取り組みます。
168番目のお客様になります。ご用命ありがとうございます。
2016年11月10日
ORCAサポートのご用命ありがとうございます 千葉エリア 内科様
すでにORCAをご使用になられて10年になるお客様よりMSCへの問い合わせ。内容は5年経過ごとに機材の買い替えを提案されているが、どうしてもその内容に納得することができない とのことでした。
機材へのMSCの考え方をお知らせした以外にも、現状の環境をこう変えるとこれだけ変わることができそうなど、お客様の環境を良い方向におすすめするのもMSCだからこその「質」。
迷うことはありません。今の環境を少しでもよくするにはその後も面倒を見てくれるパートナーが必要です。活用しないと「損」です。
167番目のお客様になります。ご用命ありがとうございます。
2016年11月10日
21番めのお客様よりプリンターの交換を考えているとのご相談をいただき、運用を考慮して、最適なプリンターの機種をお知らせいたしました。
MSCは機材の購入をお客様がしたからサポート外です などと申しません。
レセコンのみならずお客様のご使用環境を見守ることで安心してPC等をご使用いただいております。
この差はどう感じられますでしょうか。
2016年11月08日
166番めのお客様よりNTTへの光回線申込みをやってくれないかとの依頼。
オンライン請求の実施のためCATVから光回線への切替のためです。
お客様では携帯屋さんの窓口で光回線の申込みを行ってみたものの理解できないことが多く、なかなかうまく進まないとのこと。
このパターンは結構多く、お客様がお困りになっています。
MSCはNTT様への窓口の保持しており申し込み〜工事手配および切替時の立会まで行い、オンライン請求の構築も行います。
2016年11月08日
164番めの電子カルテ入替えお客様よりスキャナファイリングのしくみをほしいとのご相談。弊社のファイルングツールをリモートでセッティングして、まずは「試用」。その後本採用に至りました。
仕組みはかんたん。スキャナした内容を各患者別のフォルダに仕分け。もちろんORCAと連携して患者氏名の確認ができます。
2016年11月08日
18番めのお客様より健康診断の管理をするシステムを作ってほしいとのご相談をいただき、ORCA連携およびCSV連携の仕組みを作り、管理票・診断書の作成もボタン一つで可能にしました。
いままで「手書き」をせざるを得なかったものも、仕組みを作ってORCAより患者情報を展開して管理は非常に良くなります。
このような対応もMSCならでは。ご用命ありがとうございます。
2016年11月05日
120番めのお客様対応。今までの診察券機器が壊れたため、ORCARDのご採用をいただきました。
デザインもレイアウトし直しかっこよい診察券が仕上がりました。
ご採用ありがとうございます。
2016年10月28日
115番めのお客様対応。iphoneのOSが10に変更に伴い、ルーターの変更のご相談をいただきOS更新時に入替えを行いました。
外部からのアクセスは、端末類の機能アップ・使用者のレベルアップにより今まで以上に多くなると思われます。
MSCはここの部分もフォローしていきます。
2016年10月28日
ORCAサポートのご用命ありがとうございます 東京エリア 内科様
すでにORCAをご使用になられて4年になりますが、MSCのお客様よりMSCのサポートのこと、機器類の対応のことなど現在と違うところが多い とお感じになり、サポートの切替を即決断されました。
同じORCAでもサポートの「質」は、違います。
お客様をどうお相手するかはベンダー各社の考え方次第。
ぜひ見極めてお選びください。
166番目のお客様になります。ご用命ありがとうございます。
2016年10月26日
43番めのお客様。電子カルテ機器の追加に伴うLAN環境整備のご相談をいただき現場対応しました。
使用頻度などを考慮し、無線LAN機器の増設となり、合わせて受付環境の改善も一緒に考えました。
業務改善のお手伝いをすることもMSCの役目でございます。
2016年10月15日
142番めのお客様。新人スタッフ様のみの窓口対応になるために立会要請にお応えいたしました。
そばにいるだけで気持ち的に安心感が高まったのか、そつなく実務をいただきました。
2016年10月08日
105番めのお客様。新人スタッフの加入に付き操作指導のご要請対応いたしました。お客様内での操作教育は実務を行いながらでは難しいこともあります。MSCは「レセコン」を売るのではなく「レセコン環境を最適に見守る」のが仕事。機器等の環境整備はもちろん「人」にもていねいにお相手いたします。
2016年10月08日
155番めのお客様。院内のPC配置を変えたいとのご要請での対応いたしました。
受付カウンターにモニターを置く場所がないので、壁からモニターアームで可動式に変更。いままでノートPCに占領されていたテーブルがスッキリしました。お客様のレセコン使用環境を最適化するのも弊社の仕事としてお相手をしております。 
2016年10月01日
71番めのお客様。電子カルテの配備変更に伴いORCAの機材配置・ネット環境整理の対応をいたしました。
オンライン請求環境も余計な機器類を排除し、スッキリした形式に変更。
「いつも安心していられる」との嬉しい言葉をかけていただき、私も嬉しかったです。
2016年09月30日
116番めのお客様。オンライン請求のPCが調子が悪くなったタイミングでORCAからのオンライン請求への環境変更をいたしました。
リモートルーターを交換し、NTT回線を利用して毎月の固定費がかからないように仕組みを構築。オンライン請求時もリモート監視でお手伝いできます。
お客様にも安心度が増す形になりました。
2016年09月29日
49番めのお客様。先生ご使用のPCに悪意のある広告が出現するとのご連絡。
リモートにおいてPCをお預かりして調査開始。ネットからの情報も駆使して該当するフォルダをつきとめました。これで不要なストレスに悩まされることもなくなりました。
弊社も勉強材料をいただき、今後同じような状況の対応が素早くできることになりました。
2016年09月29日
41番めのお客様。紹介状をPCで作成したいとのご要請を受け、MSC文書作成ツールをご用命いただきました。
セッティングはリモートで行い、操作ご案内も行いました。試用していただきご満足いただけましたらご購入 という運びになります。
ありがとうございます。
2016年09月29日
124番めのお客様。今朝から電話もネットもつながらないとのご連絡。
電源配線などひとつひとつ確認してご案内した所、NTT機器(ONU)の機器劣化が原因だったとのこと。NTTさん対応で復旧。
2016年09月28日
ORCAサポートのご用命ありがとうございます 東京エリア 精神科様
すでにORCAをご使用になられて5年が経過したところで、機材類の総入れ替えを迎えられたそうです。ただ、その金額にご納得がいかないので弊社にお問い合わせをいただきました。
機材更新のことはベンダー各社が独自の考えで行うことで、弊社の場合には「機材類は実勢価格・お手間は少々」で、お相手をしております
165番目のお客様になります。ご用命ありがとうございます。
2016年09月26日
ORCAのご用命ありがとうございます 東京エリア 精神科様
電子カルテダイナミクスより、ORCA+電子カルテのご相談を7月にいただきましたお客様です。先生より電子カルテに関するご希望をお聞きし、その希望に見合った電子カルテ「デジカル」をごご案内いたしました。
弊社も「デジカル社」ははじめてのジョイントなので、機能検証をMSC内で行える環境を構築いただき、動作確認を行い要請事項をでデジカル社に申入れ、実務スタートにも良い条件の対応を用意していただきました。
164番目のお客様になります。ご用命ありがとうございます。
2016年09月12日
37番めのお客様。光回線を引いたのだがその後の接続ができないとのご連絡。
急遽現場に直行。ソフトバンク社の光回線、ルーターにプロバイダ情報が予め設定してあり、その解除ができない。
オンライン請求とリモートサポートをするには、どうしてもセッションが足りない! ということを回避するため、お客様に新たな策をお知らせして電話基本料を下げるように持って行きました。本工事は10月。続きは後日。
2016年09月09日
156番めのお客様。小型複合機の調子が悪い!FAXが全部届かない/紙詰まりが多発のご連絡。
プリンターメーカー様の対応日に同席して状況を見ました。
あれこれ機械の部品交換したりテストしたりしましたが、最終的には用紙の質を上げることで紙詰まりの解消、FAXの問題はNTT回線の不安定さによるものと判明。時間はかかりましたが解決策が見つかりました。
今回学んだこと:FAXを複数枚送ったのに1枚目しか届かない は、NTT回線が原因であること 素人にはわからないことでした
2016年09月06日
58番めのお客様。またしてもネットが繋がらない!のお電話です。
すでにNTT側の状態は問題なしを確認され、機器類の電源・配線の抜き差しを散々やった後のご連絡でした。
この状態では、ルーターの機器故障を疑いたいので、ONU〜の接続をあれこれやってみましたがつながらない。
最後にプロバイダ情報をリセットして入れなおしを試みた際に、弊社が預かっている内容をお伝えしたところ、パスワードを変更した事が判明。
新パスワード設定し難なく復旧。 
プロバイダ側での更新がかかったのか? という出来事でした。
このような場合、皆様のサポート会社はここまで相手してくれますでしょうか。MSCはやります。
2016年08月30日
25番めのお客様。ネットが繋がらない!のご要請をいただき、緊急対処してまいりました。CATV回線をご利用中。現場に伺うと関係する機器が5個も接続されています。何がどうつながっているのか、素人さんでは皆目わからない状態であったようです。どうにかネット機器を見つけ再起動で復旧したようです。良かったですね。
2016年08月25日
ORCAのご用命ありがとうございます 神奈川エリア 眼科様
10月新規ご開業にあたり、ORCAのご採用をいただきました。
154・155件目のお客様と同系列のお客様よりのご用命で、弊社のサポート体制を高くご評価いただき、ご指名でございます。
163番目のお客様になります。ご用命ありがとうございます。
2016年08月23日
8番めのお客様。受付利用のwindowsPCの入替えのご要請をいただきました。画像システムへの患者データ連携他、ORCAにつなげて運用するPCの整備は単純には行きませんが、お客様のご協力の下、リモートにおいて入替え対応を完了させました。
リモート対応はこのようにレセコンのみならず、お客様の環境を整備することにも活用し、MSCだからこそ行える対応を致しております。
2016年08月04日
71番めのお客様。ORCAにつながる電子カルテのご採用にあたり、院内LAN環境の変更対応をいたしました。8月準備〜9月本格稼働に向けての環境整備です。この環境をちゃんと掌握しているからこそ、万一のトラブルも安心。お客様の環境を見守る体制がちゃんとあります。
2016年08月01日
番外。北海道のお客様よりORCAに繋がるオーダーツールのお問い合わせをいただきました。WEB環境で機能のご案内を用意いたしましたが、お客様のお困りごとをよくよくお聞きした結果、クラウドタイプ電子カルテが最適なツールであろうと判断し、現在検証中の「デジカル」をご提案いたしました。
試用をへて本格ご採用に至ったようでございます。
このように弊社のお客様ではなくともご相談をいただくことで、最適な仕組みをご案内することができます。
ぜひお困りごとをお聞かせください。きっとお役に立つはずです。
2016年07月31日
OS更新を含めて7月に36件のお客様に出向いてまいりました。
いつも社内で電話応対をしているスタッフもお客様に出向きご挨拶とメンテナンスをいたしました。
「顔が見える」ことでお客様もご安心いただけるサポートが弊社の姿勢でございます。
2016年7月16日
ORCAのご用命ありがとうございます 神奈川エリア 眼科様
12月新規ご開業にあたり、ORCAのご採用をいただきました。
すでに奥様がORCAでご開業されていますので、ORCAの利点などはすでにご認識済み。開業までの院内環境の整備お手伝いも一緒に行います。
162番目のお客様になります。ご用命ありがとうございます。
2016年07月04日
現在サポートご契約のお客様にOS更新を含めて戸別訪問を開始いたしました。
レセコン環境の整備・清掃・現状のお困りごとをスタッフが1件ずつお伺いしております。
MSCはサポートに関わっているスタッフが直接お客様に伺い「顔が見えるサポート」をいたします。
MSCが小さいながらもご贔屓をいただている理由がここにもあります。
2016年06月28日
番外。東京内科医会様のPC関係メンテナンスを内科医会理事 弊社お客様よりご要請いただき対処いたしました。
MSCの利便性がここでも発揮しております。
2016年06月27日
ORCAのご用命ありがとうございます 東京エリア 眼科様
院内のIT化をすすめるにあたり現在のパナソニックさんでは大掛かりすぎるため、いろいろと探した結果MSCにたどり着いたとのこと。
ORCAにすることで制限の枠が外れ、今までできなかった「カルテスキャナファイリング」も実現することができます。
161番目のお客様になります。ご用命ありがとうございます。
2016年06月23日
137番目のお客様。windowsPCにおいて急にキーボード・マウスが使えなくなった とのことでリモート対処。当初原因不明で、代替のPCを購入することでご用意をして該当機と入替えました。
その後該当機をお預かりし再度検証をした所、アカウントに依存したデバイスの機能停止 が判明。アカウントを削除し別アカウントで復旧。
お客様にお戻しして完了となりました。
2016年06月18日
他社ORCAのお客様。弊社ホームページをご覧になってIT化のご相談にいらっしゃいました。院内処方で薬剤監査システムのご採用でデータの受け渡しをしたいとのことでしたが、院内処方箋にQRコードを付与することで解決。
スキャナでのカルテファイリングは、仕組みをご案内して即決ご採用。
後日リモートで環境つくりをいたしました。
サポートベンダーによって「これだけの差」があることを、実感してお帰りになられました。
弊社のお客様でなくとも、クリニック内のIT採用は喜んでお相手申し上げます。ご相談・ご活用くださいませ。
2016年06月17日
ORCAのご用命ありがとうございます 千葉エリア 循環器科様
現在お使いのレセコンよりの更新を期に、ORCAのご検討をいただきました。
ファイルメーカーでの文書作成などレセコン連携がご希望ですので、患者情報をお渡しする仕組みも一緒にご提供いたします。
160番目のお客様になります。ご用命ありがとうございます。
2016年06月04日
71番めのお客様。若先生の業務を本格化するに当たりORCAにつながる電子カルテのご希望があり、小職が選択に関わるアドバイスをさせていただきました。
電子カルテは簡単に乗り換えできないシステムなので、弊社にお越しいただき実際の動きを確認したうえ、総合的に判断いただける材料をお渡しいたしました。
その結果、CMS社「DDtop」のご採用となり、弊社とタッグを組んでサポートを行います。価格も「特別価格」にしていただきました。
また、CR導入もありLAN環境のコントロールも弊社がお客様に代わって各社との調整をおこないます。
弊社のお客様には有益な情報提供・調整・価格交渉役を行っております。
2016年05月31日
50番めのお客様。コピー機が壊れたためORCAでも使用できるFAX複合機ご採用いただき、その設定部分をフォローいたしました。
些細な事ですがネットワークに繋がることで、弊社よりのサポートが受けられる、トナーが共有化できる、FAX印刷しないでPCで選択できるなど利便性が追加されました。
このように環境改善のお手伝いもMSCで行っております
2016年05月26日
29番目のお客様。代替わりで運営の主軸が変わることを見据え、ORCA連携の「オーダーツール」を本格採用するため、機材およびシステムの環境整備を行いました。
紙カルテ運用はそのままに、処方をはじめとする診療内容の送信、手書き部分のラベルプリンターの活用、検査データの閲覧、紹介状などの文書作成をひとまとめにしてご利用いただきます。
2016年05月26日
ORCAのご用命ありがとうございます 東京エリア 整形外科様
ラボテック電子カルテよりMIU社電子カルテ移行のお客様です。
ORCA部分はMSCが担当させていただきます。
ラボテック社のデータは病名抽出がかなわないので、別な方法で患者病名を補います。このように「できない」を「できる」に変えるのは弊社基本事項です。スムースな移行ができますよう、取り組んでまいります
159番目のお客様になります。ご用命ありがとうございます。
2016年05月25日
ORCAのご用命ありがとうございます 東京エリア 内科様
パナソニックよりORCAに変更のお客様です。
院内処方に必要な「薬袋」の印刷・お薬手帳の発行の手間を極力省きたいとのご要請もございました。
MSCよりのご提案は、お薬手帳用記載内容のラベル印刷の仕組み+薬情。
これにより今まで行っていた別枠業務が、ORCA入力のみですべて完成します。一緒に院内LAN環境の見直しも行います。
158番目のお客様になります。ご用命ありがとうございます。
2016年05月24日
ORCAのご用命ありがとうございます 千葉エリア クリニック様
ORCAをすでに5年ご利用のお客様ですが、サポート内容が合わないとのことで伺いました。
冒頭「ORCAは使いづらい」とのこと。そこで状況をお聞きした所、初期状態に近いままでお使いになっている事が判明。いきさつはわかりませんが、これでは「安かろう・・・」のレッテルを貼られても仕方ないですね。
自力ならともかく、サポートありでこの状況はいかがなものでしょうか。
これよりMSCが使いやすいORCAに整備してサポートをさせていただきます。
ご期待ください。
合わせて院内LAN環境・FAX設定などの整備も一緒に行います。
157番目のお客様になります。ご用命ありがとうございます。
2016年04月30日
147番目のお客様。5月からの新建屋でのスタートによりお引越し。
これに伴い、ORCAの再設置はもとより、
院内LAN環境の整備・電話の移転手続き・工事手配などMSCでできることをお手伝いいたしました。
NTT工事・LAN整備などは戸惑われる部分が多く、建築設計関係者はどのケースもちゃんとフォローをしてくれません。このため、MSCがそこを補っております。
2016年04月28日
105番目のお客様。新スタッフ様のためにレセコン操作案内指導をご要請。
現場が円滑に回るように出張対応も進んで行います。
また、普段はできない質疑応答も顔を合わせると気持ちも解決につながります。
2016年04月26日
順番呼び出しシステムご採用のお客様より診察室増による仕組みの追加ご要請をいただき、お相手をシてまいりました。
ORCAとの連携はないのですが、順番待ちの表示をすることで患者様へのイライラ感を緩和する役目になります。また、一旦順番を取ってクリニックを出ても順番混み具合がわかるオプションもあります。
2016年04月21日
47番目のお客様。スキャナファイリングを増設したいのご要請をいただきました。ご盛業にMSCがご協力ができることを嬉しく思います。
複数箇所からのスキャナ業務もファイリングを共有させることで利便性が上がります。
2016年04月18日
HPのお相手をしている番外のお客様。院内のインターネットがつながらないのご連絡をいただきました。現場対応して確認いたしましたところ、無線機の電源ON/OFFで復旧しました。このように扱いが慣れていないお客様はどこに聞いたらいいのかわからない 困った ということになります。
MSCではレセコンだけでなくお客様の環境を見守るサポートをしております。
2016年04月11日
番外:本日青森県のORCAベンダー様とご面談いたしました。先の福山医師会様に続いて2件目。
ORCA普及に取り組むために参考情報の収集に起こしになられ、MSCのサポートスタイル・考え方などをご案内しヒントを持ち帰られました。
弊社と同じような考え方のベンダーさんが地元で活躍いただけることを期待しております。
MSCはまじめにORCA普及に取り組むベンダーさんを応援します。
2016年04月05日
91番目のお客様。順番発券システムに外部取得機能追加のご要請をいただきました。この機能は、来院しなくても当日順番の取得をPC/携帯よりできるだけでなく、あと何人待っているかの確認もできるものです。
予約システムでは、時間帯の指定をしますがこちらは「当日順番」の取得なためにクリニック側の運用も楽に対応できます。
2016年04月02日
139番目のお客様でトラブル発生。ネットとつながらず更新ができないのご連絡。現場緊急対処したところ、お客様側でオンライン請求CDの操作をされたとのこと。すぐさま接続復旧を行い、正常に戻しました。
2016年03月24日
4月よりの改定バージョン(テスト版)において、MSCのツール類(患者データ転送・文書作成・オーダーツールなど)は問題なく連携していることを確認いたしました。正規バージョンでも検証をいたしますのでご安心くださいませ。
2016年03月18日
ORCAのご用命ありがとうございます 神奈川エリア 整形外科様
147番目のお客様よりご紹介いただき、このお客様同様ラボテック電子カルテ運用より紙カルテ運用に戻すのを期にORCAのご採用をいただきました。
サポートは「質」であることを肌で感じられており、ご期待をいただいております。
156番目のお客様になります。ご用命ありがとうございます。
2016年03月18日
ORCAのご用命ありがとうございます 神奈川エリア 眼科様
下記のお客様と同系列のお客様でMSCにサポートをご要請いただきました。
この3月中に機材類の整備をかけて4月改定対応まで行います。
155番目のお客様になります。ご用命ありがとうございます。
2016年03月18日
ORCAのご用命ありがとうございます 神奈川エリア 眼科様
ORCAをすでにご利用のお客様でサポートなしで今まで来たが、今後のことを判断してMSCにサポートをご要請いただきました。
この3月中に機材類の整備をかけて4月改定対応まで行います。
154番目のお客様になります。ご用命ありがとうございます。
2016年03月12日
58番目のお客様。オンライン請求をORCAより直接できるようにしてくれとのご要請。
この理由はオンライン請求の更新作業をお客様で行うことをやめて、MSCに任せたい とのこと。更新作業は2年に1回でそのたびに面倒な作業がつきまとう。これをリモートでMSCに任せれば、心配と煩わしい対応が解消!さらに、オンライン請求中もリモートサービスを受けられるようになりました。
2016年03月08日
ORCAのご用命ありがとうございます 東京エリア 整形外科様
既存F社製のサポートできない対応でお困りのお客様よりご相談があり、ORCAのご採用が急遽決まりました。
改正時期のたびにこのようなお客様が出ることは同業他社の端くれとして、お恥ずかしい限りです。
同類とされないように、しっかりサポートを展開したいと思います。
153番目のお客様になります。ご用命ありがとうございます。
2016年02月29日
49番目のお客様から受付windowsPCの動作が思わしくないとのご連絡。
リモートでお預かりしてメンテナンスをするも、原因不明のエラーが頻発。
このため、院長先生と相談しwinodws→Linuxに仕様変更してサブサーバー扱いに姿を変えました。
HDD交換のみの費用で主従構成の環境へ。緊急時対応もこれで安心!
2016年02月26日
1月スタートの145番目のお客様から緊急時の予備サーバー配備をご希望されましたので、緊急用のレベルを考慮し、PC1台とモニター共有の切替器を配備して環境改善をしました。
安心度が高まるのと同時にwindowsPCの無線化で入力場所を選ばず快適環境も作ることができました。
2016年02月26日
8番目のお客様から受付PCの動作が思わしくないとのご連絡。
リモートにおいて状態確認をしたところ、USBポートの状態が不安定であり、新PCのご採用となりました。
現在のPCは安価な分、耐久性等が劣るようになり「消耗材」として取り扱うのがおすすめ。弊社では環境改善+復旧が目的に付き、機材類は「実勢価格」でお相手をしております。費用面でもすごく安心!
2016年02月23日
7番目のお客様から入力用のクライアントPCの追加が必要とのご要請を受け対応してきました。
PC機材は弊社が購入してもお客様が購入してもさほど価格差は生じません。
なぜなら「実勢価格」でお取引をするからです。
ORCAクライント/リモート環境も一緒に行いました。
お客様のレセコン環境が使いやすくなることは、患者様への対応も良くなることになります。ORCAはレセコン専用機の追加はありません。
2016年02月22日
147番目のお客様から入力用のクライアントPCが必要とのご要請を受け対応してきました。機材の入手までは少々お時間がかかりますので、その間弊社のPCで環境改善。第一優先は「環境を形作ること」。
何が必要なのか、困っていらっしゃるかどうかを判断してすぐ行動に移します。
2016年02月18日
ORCAのご用命ありがとうございます 神奈川エリア 医療機関様
またもORCAご利用中のお客様よりのサポート切替のご要請です。
ORCAは継続使用するにあたり、機材類の交換は避けて通れない部分でもあります。
しかし、ここの対応はサポートベンダー各社によって考え方がさまざまです。
MSCは、どのお客様にも納得がいく「実勢価格」でお相手をします。
これは、MSCが何を本業としてお客様に接しているかを表しています。
152番目のお客様になります。ご用命ありがとうございます。
2016年02月17日
151番目のお客様からは処方等をラベル印刷したいとのご要請を受け、ORCAで入力したデータをラベル印刷してカルテに貼り付ける仕組みを使ってスタッフ様と運用の調整を始められました。
手書き部分をラベル印刷に置換えることにより、内容の確認を誰が見てもわかるようになるとともに、ミスとロスの削減を狙います。
2016年02月08日
ORCAのご用命ありがとうございます 千葉エリア 皮膚科様
ORCAをすでにご利用中のお客様ですが、ORCAに関連する利便性をさらにすすめるために、弊社にサポートをご要請となりました。
ORCAのサポート切り替えは、30件を超えました。
弊社のサポートから切り替えたお客様は「0件」です。
ご期待にそえるようにスタッフがORCAサポートに全力を傾けております。
151番目のお客様になります。ご用命ありがとうございます。
2016年02月04日
44番目のお客様windowsとレセコンのPC切替器の状況が良くないとのご連絡を受け、機器の交換対処をしてきました。
機械類はいつ不具合が起きるかわかりません。その時に連絡できる相手先があるのとないのでは大違い。お客様に安心をお届けするのもMSCの役目です。
2016年02月03日
75番目のお客様に1月のフォローでおじゃましました。
windowsPCがネットにつながらなくなった
とのことで確認をしたところ、PCに初期搭載のソフトが悪さをしてネット環境を書き換えていました。
最初の設定はすでに過去の事なので管理も「?」の状態。
よくあることです。原因がわかって良かったですね。復旧しました。
2016年02月02日
140番目のお客様ビジネスホンコードレス電話の状況が良くないとのご連絡を受け、子機の交換と電波改善の目的でアンテナ増設をしてきました。
レセコン以外ですが、初期立ち上げのサポートのフォローで供給会社との対応を行いました。
2016年02月01日
15番目のお客様でもwindowsPCの電源が入らなくなったので新調1台をご要請いただきセッティングしてまいりました。
ORCAクライアント、無線受信のセッティングを済ませ、不具合のPCのを確認したところ、ACアダプタの故障と判明しました。 
不具合の原因は様々ですが、簡単にはわからないですね。
2016年01月27日
146番目のお客様。プリンターをブラザーよりリコーへ入替えをご希望で、一緒に「医見書」のデータ共有化も対応してまいりました。
こちらのサポートは行っておりませんが、使い勝手の改善のお手伝いはできる範囲で行っております。
ORCAのサポートを変更することにより、いままで回り道していた環境がスムースな環境に変化しています。良かったですね。
2016年01月25日
98番目のお客様でもwindowsPCが古くなったので新調1台をご要請いただきセッティングしてまいりました。
ORCA連携プログラムの移し替え、FAX複合機でのPC受信など環境を一通り確認してございます。ご要請ありがとうございます。
2016年01月20日
75番目のお客様。windowsPCが古くなったので新調1台をご要請いただきセッティングしてまいりました。ついでにVista機の調子を見てくれとのこと。
「ネットに繋がらない」「画像CDが読み込めない」を解決して環境を改善しております。MSCはレセコンだけでなく業務環境を改善するサポートも合わせて行っております。お客様は相談できるSEを手に入れたことになります。
2016年01月19日
ORCAのご用命ありがとうございます 千葉エリア 内科様
2011年よりORCA+電子カルテの組み合わせご採用のお客様ですが、弊社のサポート内容をお尋ねになり質疑応答をした結果、弊社にサポートをご要請となりました。お客様が「サポートの違い」をご判断されたことになります。
レセコンは「価格ではなく、サポートの質」とサポート乗換のほとんどのお客様は実感されています。
150番目のお客様になります。ご用命ありがとうございます。
2016年01月14日
37番目のお客様。windowsノートPCの調子が良くないので刷新をご要請。弊社において調達してリモートでデータ引越し、整備を実行。メール設定もフォローさせていただき入替え完了。
このサービスもORCAサポートをご用命いただいているお客様への付加価値で、機材購入価格も「実勢価格」でお相手をしています。
お客様が必要なのは
「頼れるサポート」。ではないでしょうか。
2016年01月13日
34番目のお客様。ORCAのデータを用いた「文書作成ツール」のご採用をいただきました。
今までは定型用紙に手書き記載でしたが、患者情報を記載するにも面倒が増えたため、ご相談を受けたものです。
2015年12月31日
14番目のお客様。ORCAよりFCRへの「患者情報連携システム」のご採用で画像メーカー様との連携確認および配線環境の整備でお伺い。
内装工事で外された配線関係を養生してきれいに仕上げをまとめました。
2015年12月19日
ORCAのご用命ありがとうございます 千葉エリア 皮膚科様
弊社のお客様よりご紹介いただきましたお客様です。
来年4月ご開業に際して、MIU社製電子カルテ+ORCA でご検討を重ねご用命をいただきました。
新規ですので、LAN環境・電源環境などを含めて業者間打合せも承ります。
この付帯業務に関する追加費用は、いただいておりません。
スムースな立ち上げのお手伝いをさせていただきます。
149番目のお客様になります。ご用命ありがとうございます。
2015年12月17日
29番目のお客様。代替わりで運営の主軸が変わることを見据え、ORCA連携の「オーダーツール」のご検討をはじめられました。
紙カルテ運用はそのままに、処方をはじめとする診療内容の送信、手書き部分のラベルプリントの採用、過去情報の閲覧、検査データの取込など、電子カルテに近い機能を駆使して、運用の合理化をしていただく様になります。
初期費用・月額も少額で済みますし、いつでもやめられるハードルの低さを実感いただけます。
2015年12月11日
ORCAのご用命ありがとうございます 東京エリア 整形外科様
弊社のお客様よりご紹介いただきましたお客様です。
ラボテック電子カルテ運用より紙カルテ運用に戻すのを期にORCAのご採用をご希望で伺いました。
ORCA採用にあたり今後の運用のこと、新築移転先でのLAN環境のことなどご希望をお聞かせいただきながら、ご提案をいたしましたところ、結果は「即決」。 
院長先生より帰り際に「内容の質がまるで違うよ」とお褒めをいただきました。
ご期待通りに全力でお相手申し上げます。
148番目のお客様になります。ご用命ありがとうございます。
2015年11月30日
ORCAのご用命ありがとうございます 埼玉エリア 精神科様
神奈川のお客様に続き、すでに他社サポートでORCAをご利用いただいておりましたが、お客様のご希望によりサポートをおまかせいただけることになりました。
レセコンのサポートは「質」であることをご実感されたご様子。
ORCAサポート乗り換えは、これで28件になります。
ご期待に沿うようにしっかりサポートさせていただきます。
147番目のお客様になります。ご用命ありがとうございます。
2015年11月26日
ORCAのご用命ありがとうございます 番外編
大阪エリアの眼科様よりORCAご検討とともに弊社のサポートをご希望のご連絡をいただきました。が、弊社ではお客様をしっかりサポートできる範囲を自覚しているので、お応えできません。
その代わり、その地区でしっかりとサポート対応ができる仲間に引継ぎご採用をいただきました。
このようなケースでは、弊社に引けをとらないベンダーをご紹介することでORCAのご採用に失敗しない事ができます。ぜひ、ご相談くださいませ。
2015年11月14日
この日は、広島県福山市医師会様のサポートスタッフ様方が、弊社のサポート環境を視察にいらっしゃいました。
福山市医師会様は、近郊地域で200件を超えるお客様をお相手しておりますサポートベンダーの一つです。
MSCのサポート体制にご興味があるとのことを受け、実際の業務を見ていただきながら相互の勉強のためにディスカッションをして、活用できるヒントをお持ち帰りただきました。
このような他のORCAベンダーとの交流もサポートの質を上げる一つの活動になっています。
簡単に真似のできないサポートのノウハウがMSCにはあります。これを別な地域でORCAサポートに活かしていただければ、質の高いサポートがお客様にお届けできるものと信じております。
2015年11月09日
ORCAのご用命ありがとうございます 東京エリア 皮膚科様
サンヨーレセコンより年数経過の理由による「買替え」要求に対して、継続ではなくORCA採用をご検討。
ORCAベンダー複数社よりお見積を取られたご様子で、MSCはその最後。
同じORCAのご提供でも「内容の差」をご判断され、MSCにサポートをご要請いただきました。
その「内容の差」はお話を聞いていただけましたらわかります。
145番目のお客様同様、非常用のサブサーバーもお客様所有PCを利用して有効活用します。
146番目のお客様になります。ご用命ありがとうございます。
2015年11月06日
ORCAのご用命ありがとうございます 東京エリア 内科様
サンヨーレセコンより汎用性のあるレセコンに変更したいご意向があり、ORCAのご採用を検討。弊社にもお越しいただき、採用に値するかをしっかりご判断されました結果、MSCにサポートをご要請くださいました。
スタッフのみなさまにもQAを行い、サンヨーの環境とほぼおなじものをお渡しすることでご納得いただけました。
非常用のサブサーバーもお客様所有PCを利用して有効活用します。
145番目のお客様になります。ご用命ありがとうございます。
*
ORCAをご利用中のお客様より「生の声」をお寄せいただいております。
新着分をお知らせいたします。こちらから御覧ください。

代表プロフィール

昭和37年 東京・深川(製材所の町)に生まれる。
幼少時代は、俗にいう「いたずら小僧」。毎日職員室へ呼出の連続。
中学生から大学までは バスケットボール部に所属 練習・試合に明け暮れる毎日を過ごす。
中学では全国制覇のチームに県大会で惜敗。その後県大会・関東大会への出場にて上位成績獲得。 
日本大学法学部 卒。
セコム梶@を経て、祖父の創業した 「飯塚電機工業梶v に入社。
大手製造会社の一次下請けにありながら、高品質・納期厳守と地道な営業で売上を初期の8倍まで拡大させる。

2002年、日本医師会の企画する「ORCAプロジェクト」に出会い活動開始。
以来、ベンダーの中でも「異端児の考えと行動」で、業界には なじみのない「レンタルシステム」を確立しご提案。今ではマネをされるまでになりました。
思いのほかご採用を いただき、お客様数全国 2位、 関東シェアでは25%のお客様サポート実績を重ねました。(2002〜2008年)
認定の必要性・常設展示・ホスピタルショーへの参加などを日医総研へ提案し受け入れられるなど積極的な行動を起こしています。日医総研中枢とベンダーをつなぐ位置にもいます。
医療業界での経験は14年になりますが、他業種の良いところを取り入れ、屈託のない提案を展開 し、多くのお客様に支持を得ております。
何より院長先生=経営者の立場になって物事を判断する提案力は、他者ができないレベルであると院長先生方より高いご評価をいただいております。

2008年12月、ORCAサポート専門および活用提案の会社を「新体制」で構築し、2009年1月事業をスタート。
医療IT実現化研究会を通じて、関連の会社と強固な連携体制を組み、 お客様のご要望を実現化する体制を進めて行くことを決意。
2013年9月皆様のご支援・ご支持により100件のサポートご用命をいただけるまでになりました。
心から感謝申し上げます。ありがとうございます。

これからもORCA普及の推進役としていままでと同様日医総研とともに邁進し、お客様の「困ったこと」を解決する「ご用聞き」として活動することをお約束いたします。


                      代表取締役 飯塚 誠 【双子の父】 平成28年8月更新  

バナースペース

株式会社MSC

〒111-0041
 東京都台東区元浅草2-11-6
 稲荷町タワー702

 TEL 03-5812-5946
 FAX 03-3831-5948
 info@medisysco.jp

このホームページは自社で
作成・メンテナンスをして
います。



 

ORCA連携連動システム

blankpage.htmlへのリンク

スマートフォン版

blankpage.htmlへのリンク

スマートフォン版

採用情報